予防接種について

近年、日本も公費で接種できるワクチンのラインナップが充実してきてようやく先進国 の仲間入りをしました。3歳までに接種すべき公費助成のあるワクチンだけでも、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、4種混合ワクチン(3種混合+不活化ポリ オ)、BCG、MR(麻疹・風疹)および水痘と多種多様です。加えて、できれば接種しておきたい任意ワクチンが、おたふくかぜ、B型肝炎、ロタウィルスと あります。このうち不活化ワクチンに分類されるものは、1回では免疫がつきにくく、複数回の接種が必要です。「何からうてばよいですか」としばしば質問を うけますが、乳児期で最も恐ろしい感染症は細菌性髄膜炎です。まず生後2か月になったら、ヒブワクチンおよび肺炎球菌ワクチンから開始しましょう。この2 つの有効性は高く、 ワクチンの導入により、近年、乳幼児の化膿性髄膜炎(重症感染症)は激減しております。引き続いて、その他のワクチンのスケジュールも進めていきましょ う。ワクチンごとに接種回数や接種間隔が規定されており、それぞれのワクチンで注意すべき事柄があります。疑問な点は、小児科専門医にご相談ください。予防接種は普段の外来でも対処しますが、感染予防のため特別に予防接種外来の時間を設けておりますので是非ご利用ください。予防接種は受付およびお電話に て予約を承ります。接種の1-2週間前にご予約ください。在庫確認を要するためウェブ予約システムはご使用いただけません。悪しからずご了承ください。